車買取りで起りやすいトラブルについて

車を手放す時には中古車販売や友人同士やオークションなど、色々なルートで値段交渉して成立しましたら書類を作成し契約や多額なお金の出金入金などやり取りがあります。

 

交渉ややり取りが順調に運ぶことができれば、気持ちよく現金が手元に入ることができますが、中にはお金が入らなかったりや契約、書類内容の不備、査定を受けて金額が決まってすぐに自動車事故など車自体に新たな不備ができてしまったなどのトラブルがあります。

 

これは知らない人同士や知っている人同士とは関係なく起こることで、書類に関するトラブルは前もってキッチリ読んだ上で内容を把握することが大切です。

 

 

そして分からない部分は、直接聞いて納得ができてからサインや印鑑を押すことをすれば、最小限のトラブルは回避できます。

 

 

金銭的なトラブルも査定を受け値段交渉し金額が決まっても、後になって新たな不具合が見つかり減額や修理費用の負担を強いられることがありますので、この場合は契約書類を確認して状況によっては買い取り先にて問い合わせてみましょう。

 

 

これが友達や知り合い同士になりますと先々の付き合いも含め少々やっかいな問題へと発展する可能性もありますが、その時は泣き寝入りになってしまうケースもありますので口約束だけの取引ではなく、簡単な契約書を作成するだけでもトラブルが起きた際は回避できる手段に使えますよ。

 

 

>>>カーセブンで車を売る時に注意したいことはコチラ<<<