車 修復歴 査定

車の修復歴の査定への影響

車の修復歴の査定への影響

車に傷や凹みが入ってしまい、状態によっては修理を出すことがあります。
同じ車種を長く乗れば乗るほど、ちょっとした傷が入ってしまうのは仕方がないことです。

 

 

中古車専門のお店で査定を受ける際にはほんの少しの傷や凹みでも査定が入りますが、小さな傷や凹みを直したくらいでは修復歴としてカウントはされないです。

 

ただし事故などでできた大きな傷や凹み、フレーム、骨格が歪んでしまったりしますと、その時点で元の形にして修復しなくてはならないので、そこで初めて修復歴としてカウントされてしまいます。

 

 

査定する人もプロなので、何も言わなくてもすぐにバレてしまうことということもあり、この場合は嘘を申請するより正直に話した方が印象が良いので、
素直に修復歴を申告しましょう。

 

 

査定に響いてしまうのは仕方がないとはいえ、傷や凹みの状態によっては値段が付かないというケースも少なくはないので、
傷や凹んだ状態で査定を受けるよりかは修復され綺麗な状態で見てもらった方が影響が少ないです。

 

 

そういうことから車と持ち主の印象が第一なことが分かり、嘘で固めて査定を受けるよりも修復したところを正直に話してマイナス評価を受けないようにしましょう。

 

>>>カーセブンで車買取りを依頼する前に知っておきたいこと<<<