車を売る時期(タイミング)はいつ?

車を手放す時に少しでも高く売ろうと思ったら、どの時期に、どのタイミングで売るのが一番得が多いのか
気になっている人も多いのではないでしょうか?

 

車の買取り価格に大きく影響を与える中古車市場相場というのは変動が激しいので
場合によってはこのタイミングや時期を間違えてしまうと損をしてしまうことも考えられます。

 

一般的に車を売る時期としては決算期前がいいと言われています。
日本の企業の場合は3月や9月というところが多いのでその少し前の2月や8月ですね。

 

 

このような時期は中古車市場において需要が増える時期と言えるので全体的に価格は上昇傾向となります。
しかし、これだけではあなたの車も高く売れるという決定打にはなりません。

 

 

時期だけではなくタイミングも重要だということですね。
例えば車検というのは車の買取り価格に影響を与える要素となりますが、いくら2月や8月に
相場が高くなるからと言って、その前に車検が切れてしまうのにわざわざ車検を通してまで
その時期にこだわるというのはナンセンスと言えるでしょう。

 

 

逆に車検を通さずに切れてしまった状態でその時期を待つ場合においては車検切れの車ということで
買取り額が低くなってしまったり、引き渡す際に余計な手間と費用がかかってしまう可能性もあります。

 

 

また、今乗っている車種のマイナーチェンジやフルモデルチェンジなどが行われると100%と言っていいほど
その車の買取り相場額というのは下がってしまうのでそうなる前に売るということも重要です。

 

 

例外もありますが基本的には古くなればなるほど中古車市場における価値というのはどんどん下がっていくので
時期やタイミングというよりも売ろうと思った時になるべく早く売ってしまうのがベストだという人もいます。

 

あまり細かいことを気にすると逆に売り時を逃してしまうということも十分に考えられるので
買取り額に大きくマイナスを与えるようなことがない限り、時期はそんなに気にしないほうがいいかもしれませんね。

 

 

>>>車買取り大手のカーセブンの評判や口コミはコチラ<<<