中古車オークションの仕組み

中古車オークションの仕組み

中古車オークションの仕組み

財産の処分と言ってしまうと、おおげさですが、ある程度大きなお金が入ってくるものに中古車の売却があります。
この車の処分というものは、下取り、買取りというもののほかに、「中古車オークション」というものがあります。

 

この中古車オークションは基本的に車業者さんしか利用することができないのですが、登録をしたり、車の業者さんに代行してもらったりすることで個人でも利用することができます。

 

この中古車オークションというのは、普通に買取り店で買い取ってもらうよりも高値での買い取りということを期待できる一方で、手間がかかるということを特徴としています。

 

しかも売れなければ、それにかかった費用はまるまる無駄になるということがリスクです。
しかし、直接売却することができるということで高額での取引ということを期待することができます。

 

仕組みとしては全国いろいろな地域に中古車オークション事業者がいます。
イメージとしては車の市場と思うとわかりやすいでしょう。
中古車オークションの仕組みとしては、普通の市場と同じで、車を持ち込み検査をしてもらい、出品票をもらう。

 

そして、買い手が決まれば、名義変更の手続きをして代金を受け取るという流れになります。